プロフィール 

香 野 勇 雄 

こ う の  い さ お

療術師、整体コーチ

1967年 東京生れ 

多摩美術大学デザイン科卒業

趣味/

サーフィン・整体の研究・食と栄養の研究

古式武道整体=活法(かっぽう)が伝承される武家の末裔であった父と、自宅近隣の㈳整体協会の本部にて野口整体を学ぶ母のもとに育つ。

 

幼少から少年時代は、体格が良く活発であった反面、小児喘息、頚椎症、偏頭痛などの持病があったが、代替医療に理解のあった家だったため、鍼灸や整体などの施療と漢方による体質改善を同時に行ない、10代前半までにそれらを克服。学生時代は器械体操、BMX、バレーボール、硬式テニス、サーフィンなど様々なスポーツに触れ、身体と向き合う楽しみを知る。(サーフィンは現在も継続)

 

多摩美術大学卒業後、広告デザイナー、メーリング代理店の営業マン、無職、TV番組制作リサーチャー、イラストレーター、映像作家…様々な時を経て「いつかなろう」と心に決めていた整体師への転身を決意し、無職の身となり独学で勉強を開始。

 

その後暫くして、小津源流活法整体術の継承者である藤田光一氏が運営する整体学校の門を叩く。藤田氏からの直伝指導を受けながら数年間夢中で修行。​同氏より師範格を授かり指導者となり、並行して施術者としても独立。様々な方法論やテクニックを吸収しながら独自の整体スタイル流素活法を築き、現在、国の内外問わず多くの人たちが訪れる、江の島のホリスティック施設内にある整体院にて施術長を務める。

​目を覚まし、うがいをし、白湯を飲み、坐禅を組み、波のある日は波に乗り、自転車を漕いで江の島へ渡り、施術をし、自転車を漕いで家へ戻り、一食摂り、眠る。ただそれを繰り返すだけの質素な生活をべースに、これからの時代における代替医療の重要性が、世の中に広く認識されることを願い、日々臨床を重ねる。

資格/ 整体師範・レイキティーチャー・音叉療法士・リフレクソロジスト etc.